〈旅行〉オーストラリア旅行1~旅行の準備~

旅行
カメ美
カメ美

コロナでどこにも行けない……。

カメ夫
カメ夫

吾輩はテニスに行ってまいる。

カメ美
カメ美

・・・・・・。過去の旅行を思い出すか!

ということで、以前行ったオーストラリア旅行について書こうと思います。

情報収集の仕方

カメ美
カメ美

オーストラリア旅行に行こうよ。

カメ夫
カメ夫

海外旅行に不慣れな我々はまず情報収集から。『地球の歩き方』買っといて。

ということで、買いました。『地球の歩き方 オーストラリア』。これ、物凄く役立ちました。具体的には・・・

  • 各月の平均気温・降水量が載っている←意外と重要
  • 主要都市の地図がある←旅行計画時に使えます
  • 観光スポットが載っている←ややマイナーな場所も載っています
  • 空港からのアクセス方法が載っている←これも使えます
  • 市内の交通事情が載っている←一番見ました。熟読
  • お金事情が載っている←これも重要ですね
  • 持ち物、出入国の手続きなど基本的な情報をかなり詳しく書いてある←初心者に優しいです
  • 食事のマナーなど、マナー事情も詳しい←参考程度に

と、挙げればきりがないですが、とにかくこれ1冊で十分です。難点は、持ち歩くには重いという点ですかね。旅慣れた人は、もっと薄い情報誌でもいいのかもしれません。

旅行の予定を組もう

カメ美
カメ美

オーストラリアの固有種、特にカモノハシがみたい。それには、メルボルンのHealesville Sanctuary (ヒールズビル自然保護区)がいいみたい。

カメ夫
カメ夫

ツアーにはないね。ツアーはやめるか。高いし。

ということで、カメ美達は、ツアーはやめて自分たちで計画して行くことにしました。ホテルと飛行機は、HISのパックで飛行機+ホテルというのがあったのでそれにしました。

ただし、自分たちの足で行動するとなると大変であり、行動範囲も狭まるので、ベルトラで現地ツアーを何個か組み込みました。

カメ美
カメ美

Mr John Tours っていうのが日本語対応してるから、何個かいれとこ~。

持ち物を揃えよう~衣服編~

カメ美
カメ美

予定は11月!!オーストラリアは晩春~初夏だな。薄着でいいのかな。

カメ夫
カメ夫

ストップ!!最高気温は22度やけど、最低気温は10度だよ。朝晩は上着が必要らしいよ。

カメ美
カメ美

なんと!! 荷物が増えてしまう~

実は、メルボルンは寒暖差が激しく、天気の変動も大きいため、昼は半袖、朝・晩はコートなどの服装が一般的だそうです。実際に、カメ美は薄手の長袖+寒くなったら上着という感じで過ごしました。飛行機の予定で、朝3時頃に外に出たときは、あまりの寒さにコートを持って行けば、と後悔しました。

カメ美
カメ美

あとは、帽子(日傘)と雨傘を持って行こう!!

持ち物を揃えよう~意外と重要なもの~

カメ美
カメ美

パスポートと、服と、日焼け止めと……。

カメ夫
カメ夫

WiFi変換プラグも忘れないで。

カメ夫がWiFiはイモトのWiFi』が安いというので、WiFiはそれで、変換プラグは電器屋で買いました。

交通アプリのインストール

カメ美
カメ美

Healesville Sanctuary (ヒールズビル自然保護区)は電車かレンタカーで行く感じなんだよね。

カメ夫
カメ夫

レンタカーは無理。電車での行き方を調べよう。

カメ美
カメ美

電車なら、『PTV』っていうアプリがいいみたい。

Public Transport Victoria app - Google Play のアプリ
The Public Transport Victoria (PTV) Android app is your one-stop-shop for Victorian public transport journey planning information and is free to download from t...

PTVとは、Public Transport Victoria の略称で、ビクトリア州の公共交通のことで、ここがアプリを出しています。日本でいう乗り換えアプリですね。メルボルンで電車に乗るのであれば*、これをインストールしておけば大丈夫です。インストールが面倒であれば、ネットでPTVのサイトにアクセスして「PLAN」の「Journey planner」から検索可能です。

カメ美
カメ美

出発地と目的地を入力すれば、どういけばいいか分かるのか。バスにも対応してる!! これで、ホテルからヒールズビル自然保護区までの行き方が分かったぞ。

*メルボルンの中心部はトラム(路面電車)で移動できます。郊外に出たいときのみ、電車やバスを使うイメージです。

カメ美
カメ美

ここで準備編は終わりです。次から、実際の旅行の記事を書いて行きます。興味がある人は見て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました