<生活>アサヒの生ジョッキ缶を試してみました。

生活

キリンの株主のカメ夫ですが、近所のスーパーで今話題のアサヒの生ジョッキ缶を入手できたので、早速試してみました。

生ジョッキ缶とは?

アサヒスーパードライ|生ジョッキ缶|アサヒビール
アサヒスーパードライからついに登場。生ジョッキ缶。居酒屋の生ジョッキのようなそのうまさは、これまでの缶ビールの常識を覆す。

これですが、缶を開けると生ビールのように泡が発生すると話題の商品ですが、コンビニの先行販売では、わずか2日で出荷を停止し、スーパーでの販売が始まる4/20から出荷を開始したのですが、1日後に供給が追い付かないということで、販売を休止した商品です。

まあ、カメ夫のところは、そこそこの田舎なので逆に残っていたんでしょうね。

一応、おひとり様6本限りでした。

どんな感じだったか?

缶はこんな感じです。

12度以下で空けると吹き出すので冷やしてから、飲んでください。となっています。

開けた感じは下のようです。

確かに泡が凄くて、吹きこぼれそうでした。

飲んだ感じは確かに生ビールぽっかたです。

イメージ的には、缶と生ビールの間くらいの感じで悪くはないですね。

ただ、ベースはスーパードライなので、キリンの株主のカメ夫としては、中身一番搾りが良かったです。

キリンは、ホームサーバーに舵を切っているのでいつかそれも試してみたいですね。

まとめ

感想としては、悪くないって感じでしたね。

スーパードライ好きの人ならかなりお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました