<生活>将来的に保険証は全てマイナンバーカードに?

生活

2021年3月からマイナンバーカードが保険証の代わりに使えるようになるそうです。

マイナンバーカードの保険証利用|マイナポータル
マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります(2021年3月予定)。利用するには、事前に登録が必要です。

ただ、現状マイナンバーカードの普及率はかなり低く、マイナポイントのキャンペーン期間も延長する予定らしいです。

カメ夫
カメ夫

よっぽど復旧率低いんでしょうね。

カメ夫達は下記で書いている通りマイナンバー通知カードが引っ越しとともに使えなくなるため、マイナンバーカードを申請しています。

ただ、マイナポイントの申請も手間でしたので、特に困っていない人はマイナンバーカードの申請しないだろうなとも思います。

ということで、政府はマイナンバーカードの普及を促すためかなり大掛かりなことを検討しているようです。

保険証の廃止?

保険証を全面的に廃止して、マイナンバーカードを代替としてあてるという案が自民党の間ででているそうです。

健康保険証、将来的に廃止 マイナンバーカードと一体化、自民デジタル本部が提言
自民党のデジタル社会推進本部が、健康保険証をマイナンバーカードと一体化し、将来的には保険証を廃止するよう求めた。利便性向上と保険証の発行を行う保険組合の負担軽減を見込む。

保険証の発行義務がなくなるから健保組合の負担軽減、確実な本人確認や服薬履歴の共有などいろいろ書いていますが、要はマイナンバーカードの復旧をしたいのが政府の本音でしょうね。

ただ、老人でも簡単に申請できるようにしないと、いざ切替える時にかなりごたごたがおきそうですね。

けど、政府が本当に紐づけたい高所得者やタンス預金が多い高齢者はこうでもしないとマイナンバーカードは作らないんでしょうね。

まあ、庶民のカメ夫的にはマイナンバーカードを作っても困ることはないので作ったのですが。

まとめ

政府もマイナンバーカードを復旧させるためにいろいろやりますね。

ただ、カードリーダーが別途必要な機能があったりなど根本的に使い勝手がいまいちなのも復旧しない原因だと思います。

カメ夫もほぼふるさと納税のためだけに申請したに近いですし。

まず、この辺から見直して欲しいところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました