<薬剤師>添付文書閲覧用アプリ「添文ナビ」公開

薬剤師

以前、医療用医薬品の紙の添付文書がなくなって、アプリを使用して箱のGS1バーコードを読み込み添付文書を確認する方法に2021年8月から変更(猶予期間2年)になると記事を書きました。

ついに、その添付文書閲覧用アプリの「添文ナビ」が公開されました。

ちゃんと、AndroidとiOS両方からダウンロードできるようです。

カメ夫
カメ夫

ちなみに、下記の頁からダウンロードページにとべます。

添付文書電子化とGS1標準 | 標準化活動 | GS1 Japan(一般財団法人流通システム開発センター)

とりあえずは各社のテストの段階

添文ナビの開発に関わっている日本製薬団体連合会は、加盟団体に4月中に添文ナビを用いて自社製品のGS1バーコードから医薬品医療機器総合機構(PMDA)ホームページ上の「電子化された添付文書」「関連文書」に正しくアクセスできるか確認するよう依頼したそうです。

上記から、今の公開段階は薬局や病院の人向けというより、製薬企業が正しく表示されるかのテストの段階のようです。

また、5月下旬に製販向けの普及のための説明会を開くそうです。

スケジュールがぎりぎりでは?

上記を考えると8月1日開始というのはぎりぎりのスケジュールですね。

まあ、2年間猶予があるので、そこまでに形だけ作っておいて、薬局や病院には8月がきたら徐々に慣れてもらおうかという感じですかね。

実際、在庫の問題もあるので8月1日ジャストから変更をかけるところも少ないでしょうね。

まとめ

興味がある人は添文ナビを触ってみてもいいかと思います。

まあ、今は読み込むためのGS1バーコードが上手く作動しないかもしれませんが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました