<生活>IE 2022年6月15日でサポート終了

生活

今日、ネットを見ていたら中々のニュースが上がっていました。

IE 2022年6月15日でサポート終了だそうです。

ブラウザIE 来年サポート終了 - Yahoo!ニュース
米Microsoftは5月19日、Webブラウザ「Internet Explorer」(IE)のサポートを2022年6月15日に終了すると発表した。レガシーアプリをIEで使っている企業ユーザーに対し、後継Webブラウザ「Microsoft Edge」の「IEモード」を使うよう勧めた。

何が問題なのか?

カメ夫ですが、マイナポイント予約のサイトでIEしかサポートしていないことに関する記事を以前書きました。

上記の記事で書いたマイナポイントの予約サイトはその後他のブラウザにも対応しましたが、官公庁系のサービスはIEにしか対応していないものが結構あります。

IEのサポートが終わるということは、それらのサービスは2022年6月15日までに他のWebブラウザに対応しないといけません。

対応をちゃんとしているところは、Windows10になった時点でChromeやEdgeへの対応を進めていますが、そうでないところも多く、対応は大変な作業になるでしょうね。

カメ夫の会社にもIEのみ対応のwebサービスが?

プライベートでは、Chromeを使用しているカメ夫ですが、カメ夫の会社もIEしか対応していないものがあります。

そのため、会社の標準ブラウザはIEです。

カメ夫
カメ夫

どうするんでしょうか?

期限までに対応できるのかな。

まあ、そこはITの担当者に任せましょう。

まとめ

日本中にこのニュースを見て焦っている人がいると思います。

海外だとIEの使用率が日本より低いので、日本がIT後進国と言われるのはこの辺にも関係がありそうですね。

カメ夫は、IT担当者ではないので大変そうだなと思いつつ陰ながらひっそりと応援することにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました